予防接種

人間の赤ちゃんや子どもと同じように、わんちゃんやねこちゃんにも、様々な病気から守るための予防接種があります。
予防接種には、法律で定められたものと、飼い主さまの判断による任意のワクチンがあります。病気の中には、生命にかかわるような重篤なものもたくさんありますので、大切なペットを守るためにも、定期的な予防接種で病気から守ってあげましょう。

混合ワクチン

ワクチンの接種は伝染病に対して抵抗力(免疫)をつけるために行う大切なものです。ワクチンを接種しておけば、万一その病気に感染しても発症しないように体を守り、また発症しても軽症で済んだりします。ワクチンで予防できる伝染病はいずれも感染すると命に関わることもある恐ろしい病気です。予防できる病気でわんちゃん・ねこちゃんが苦しむことがないように定期的にワクチン接種してあげてください。

狂犬病ワクチン

国で定められた法定伝染病で、年1回の予防接種が義務付けられています。
わんちゃんを家族として迎え入れたら、最初に管轄の市役所へ届け出を行ってください。(飼い犬登録は一生に1回です)飼い犬登録を済ませると、狂犬病の予防接種の案内が送られてきますので、毎年1回、必ず予防接種を受けるようにしてください。
当院で狂犬病の予防接種を受けられたわんちゃんについては、当院から接種報告を行います。

フィラリア予防

フィラリア症とは、蚊を媒介してフィラリアという寄生虫が心臓に寄生して、いろいろな症状を起こします。
寄生した虫の数が多いと死に至ることもある犬にとって大変恐ろしい病気ですが、フィラリア予防のお薬を服用することで100%予防が可能です。

予防方法と投薬期間

フィラリアは、寄生虫が蚊を媒介してわんちゃんの体内に入り込みます。この寄生虫が心臓に入るまでに駆除する薬を投薬することで、フィラリア症を予防します。
したがって、蚊が発生しだす1ヵ月前から予防を始め、蚊がいなくなる時期まで続けます。一般には毎月1回、薬を飲ませるのが基本です。
ただし、蚊がいなくなってすぐに投薬を止めてしまうと、すでに体内に入り込んだ寄生虫が心臓に入ってしまう可能性がありますので、蚊がいなくなってから1ヵ月後の投薬まで必ず続けるようにしてください。

当院では、5月の末ごろ(または6月上旬)から予防を開始し、11月の末(または12月上旬)で最後の投薬を行い終了するという方法をおすすめしています。

フィラリア予防薬

当院で扱うフィラリア予防薬は、錠剤・チュアブル・スポット剤の3種類です。お薬を飲んでくれない、吐き出してしまうなど、わんちゃんに合わせてお選びいただけます。

フィラリア症は、わんちゃんに比べて症例数は少ないですが、突然死を起こしたねこちゃんやフェレットの死亡原因としてフィラリア症が報告された例があります。どちらも予防可能なので、ご希望される方はスタッフまでご相談ください。

ノミ・ダニ予防

「ノミ」「マダニ」と聞くと、アレルギーや皮膚のかゆみを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、ノミ・マダニによる被害はペットだけでなく、ヒトにも感染する危険性があります。
フィラリアのように季節性ではなく、1年を通じて感染の可能性がありますので、継続して予防するようにしましょう。

ノミの寄生による病気

ノミは動物に寄生するだけでなく、ヒトを直接吸血することもあり、どちらも激しい痒みが特徴です。動物の場合、激しい痒みで脱毛したり、重症の場合は貧血を起こしたりすることがあります。


マダニの寄生による病気

マダニが大量に寄生すると、貧血やアレルギー性の皮膚炎を発症します。また、動物に付着したマダニを無理に取ろうとすると死骸の一部が皮膚に残り、皮膚炎を起こすことがあります。
マダニを媒介とした病気では、人間にも感染するものや、生命にかかわる危険な病気もありますので、マダニを寄せ付けない事前予防が非常に有効です。

ノミ・マダニ駆除・予防薬

当院で扱うノミ・マダニの駆除剤は、スポット剤と飲み薬があります。スポット剤は、首の皮膚に点下して約1ヶ月間効果を持続しますので、1ヶ月に1回の投薬をおすすめしています。