手術について

避妊手術 去勢手術

大切な家族の一員として考える飼い主さまにとって、ペットの避妊・去勢手術には様々な考え方があります。
健康な身体にメスを入れることに抵抗を感じるのも当然ですし、かと言って望まない繁殖は飼い主さまにとってもわんちゃんやねこちゃんにとっても大問題です。

「子どもを産ませる気がないなら、避妊させた方がいいのでは?」
「健康な体にメスを入れるのはかわいそう」
「避妊や去勢で病気になりにくいってホント?」など、さまざまな感情や情報で混乱されている飼い主さまも多いと思います。
避妊・去勢手術にはメリット・デメリットがあります。飼い主さまがそれらをきちんと理解した上で、納得のいく判断ができるよう当院にご相談いただけたらと思います。

メリット

  • 飼い主さまが気づかないうちに妊娠することがない
  • 性ホルモンに関わる生殖器系の病気の予防になる
    ※メスの場合(子宮蓄膿症、卵巣嚢腫、乳癌など)
    ※オスの場合(睾丸腫瘍、肛門周囲腺腫、前立腺肥大、会陰ヘルニア)
    発情期の性的欲求によるストレスから開放される
  • 攻撃性が軽減される
  • ストレスと病気が軽減され長生きできる確率が高くなる
  • 発情に関連した問題行動(部屋を汚す・鳴き声など)が軽減される
  • 発情期の散歩や遊びの制限がない

デメリット

  • 繁殖が望めない
  • 肥満になりやすい
  • 麻酔のリスクがあります

当院の手術

当院では、血管凝固システム「ソノサージ」を採用しております。 縫合糸を使わずに血管を凝固・止血・切断する方法を用いて、ペットの身体に負担をかける手術時間を大幅に短縮します。従来の手術とは違い糸が体内に残らないので、術後の炎症、感染のリスクが軽減されます。

  • 手術時間が早い
  • 麻酔の量が少ない
  • ペットの身体の負担が少ない
  • 糸が体の中に残らない
  • 手術時の出血量が少ない
  • 感染症・炎症のリスクが少ない

手術を受けるペットの飼い主さまへ

手術の際には麻酔・鎮静をかけて、どのような手術も万全を期して行いますが、手術は100%安全を確証するものではありません。より安全な処置を行う為にもいくつかの注意事項がございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

手術前の注意事項

  • 手術前日の夜10時以降は絶飲絶食でお願いします。
    ※絶食絶水ができていない場合、手術をお断りすることがあります。
  • 当日は絶食絶水で、午前10時までにご来院ください。
    ※上記時間帯でご来院が不可能な場合、飼い主様の付き添いが必要な場合、その他何らかの理由がある場合は、この限りではございません。ご相談ください。
  • 当日は、手術・処置について「同意書」にご記入をお願いします。
  • 処置に際し、足や腹部など必要な部位の毛を刈る場合がございます。
  • 緊急手術などにより、ご予約の延期・変更をお願いすることがあります。
  • 手術当日は、午後5時~8時の間にお迎えにお越しください。
    ※麻酔などの覚醒具合により、時間指定させていただく場合もございます
    ※首輪、リード、キャリーバッグなどをご用意ください。
  • 万全な体制を整えて処置を行いますが、飼い主様におかれましては、色々とご心配な点やご不明な点があるかと存じます。どのような些細なことでも結構ですので、ご遠慮なくお尋ねください。

手術後の注意点

おうちに帰ってから気をつけて頂きたい事

入院や手術後のわんちゃん、ねこちゃんの身体は、まだ完全ではありません。わんちゃん、ねこちゃんが興奮しないよう、ゆっくり落ち着ける環境を作ってあげてください。
様子を観察しながら、指示された食事や投薬などのケアをお願いします。

処置後の注意事項

  • 安全で落ち着ける環境で休ませてあげてください。
  • 炎天下・冷え込む夜間・雨など、屋外に置かないでください。
  • 嘔吐・下痢などの異変がありましたら、すぐにお電話ください。
  • エリザベスカラーは指示があるまで取らないでください。
  • 薬および処方食は指示通り与えてください。
  • 飲ませられない、食べない等ありましたら、すぐにお電話ください。
  • 抜糸が終了するまで、シャンプーはしないで下さい。
    ※散歩やシャンプーの時期は、ご相談ください。
  • 気管にチューブを挿入した場合、咳が出たり、喉がゼイゼイ鳴ったりする事があります。
    ※翌日以降も咳やゼイゼイ音が続くようであれば、お電話ください。
  • 10日後の抜糸・指示された再診日は必ずお守りください。