マイクロチップ

マイクロチップとは

マイクロチップは、15桁のID番号が入ったチップを動物の身体に埋め込んで個体識別(身元証明)を行う為の小さな電子標識器具です。生体に無害で発がん性などの副作用のない素材を使い、一度装着すると鑑札や名札のように脱落する心配がありません。
※奈良県在住の方は、助成金補助(2,000円)があります。

マイクロチップのメリット

災害や盗難・事故などで飼い主と離ればなれになっても、マイクロチップに書かれたIDを読み取ってデータベースに登録された情報と照合して、飼い主を特定することができます。
マイクロチップリーダーは、全国の動物保護センター、保健所、動物病院に配備されていますので、飼い主の元へ戻る可能性が高くなります。

マイクロチップのデメリット

頸部のMRI検査で、画像にゆがみが出る場合があります。

埋め込みの方法

チップを注入する専用のインジェクターを使用して体内に注入します。
痛みは通常の注射と変わりないため、麻酔や鎮静剤などは使用せず、必ず獣医師によって注入を行います。
チップを埋め込む場所は、通常、首の後ろあたり(背側頸部)の皮下に行います。

飼い主データの登録

マイクロチップのID番号と飼い主さまの名前、住所、連絡先などのデータを、「動物ID普及推進会議(AIPO)」に登録します。
※登録料1,000円